読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お遍路ハウス ニート管理人の日々 (HENRO HOUSE SHIKOKU88)

四国の空き家や使ってない部屋を活用し、ニートやひきこもりが管理人を務め、近年増加する若者や外国人のお遍路さんに向け、一泊2800円の格安素泊り宿を整備する認定NPO法人ニュースタートのプロジェクト「お遍路ハウス四国88」の製作過程を書いています。                               第一号 松山ハウス(松山市桑原4丁目15-21)含め6軒が2016年4月よりオープン。ご予約は、お遍路ハウスHP(https://henrohouse.jp/)より、会員登録(無料)の上、お願いします

空き家問題解決推進セミナー

行ってきましたよ。愛媛新聞主催の空き家セミナーに。

f:id:aki1990m:20160610195659j:plain

中々、モダンで立派な建物。潤ってるのかな?

 

f:id:aki1990m:20160610195745j:plain

SLD(シェアライフデザイン)さんと一緒にチラシ置いて貰いました。

 

f:id:aki1990m:20160610195836j:plain

参加者100人超。いかに問題が深刻かを物語っています。

 

f:id:aki1990m:20160610200206j:plain

スタート。

 

ユニークな空き家活用法として、取り上げて頂きました。

f:id:aki1990m:20160610200529j:plain

f:id:aki1990m:20160610200800j:plain

 

このイベントでは愛媛の事だけではなく、全国的に空き家はどうなっているか?

という話も聞けましたし、各地の面白い取り組みも知れました。

 

不動産価格も二極化が進んでいて、東京都心の駅近で利便性の高いマンションは

共働き夫婦の増加に伴い高騰。その一方で今まで人気のあった郊外の値段は下がり

高齢化が進み、今後さらに空き家が増える見込みだそうだ。

 

そうなると、売れもしないし固定資産税は掛かるわで

負動産(ふどうさん)と化し、親族も相続したがらなくなる。

 

もはや、不動産=資産という方程式も通用しないという訳。

 

田舎でもない都心付近の郊外ってのが、帯に長したすきに短しで

一番微妙な立ち位置になりそう。