読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お遍路ハウス ニート管理人の日々 (HENRO HOUSE SHIKOKU88)

四国の空き家や使ってない部屋を活用し、ニートやひきこもりが管理人を務め、近年増加する若者や外国人のお遍路さんに向け、一泊2800円の格安素泊り宿を整備する認定NPO法人ニュースタートのプロジェクト「お遍路ハウス四国88」の製作過程を書いています。                               第一号 松山ハウス(松山市桑原4丁目15-21)含め6軒が2016年4月よりオープン。ご予約は、お遍路ハウスHP(https://henrohouse.jp/)より、会員登録(無料)の上、お願いします

先週の日曜は

管理人の考え 芸能ネタ

※この記事は、お遍路ハウスと何の関係もありません※

 

一昨日は、ボクらの時代も情熱大陸も当たりでした。

 

まず、ボクらの方は10周年総集編で

ほとんどの回は見てたつもりでしたが、改めてチェックすると面白い。

 

個人的には、

・若林×設楽×星野源

小栗旬×藤原竜也×市川海老蔵

・マツコ×中村うさぎ

(敬称略)

が、お気に入りです。

 

 

また、情熱大陸菅田将暉さん。

 

前から出で立ちというか醸し出す雰囲気が好きで

気になっていたのですが(組合の者ではありません)

今回のを見て、よりファン度が増しました。

 

自分を大きく見せようとかそういうのが一切無く

先輩との飲み会でも寝ちゃったりしていて。

 

良い感じにニート臭を漂わせてくれています。

 

勿論、一世代上の小栗さん達の破天荒さも格好良いなとは

思いますが、最近出て来る俳優さん達は違いますよね。

 

染谷将太さん、池松壮亮さんと言い

どこか目が死んでいるというか、覇気がない。

 

うん、俳優業界にも確実にNの流れが来てます。

 

というか、俳優さんに限らず平成生まれの多くは

前の世代の人間に比べて、ニートポテンシャルが

非常に高くなってきているのでしょう。

 

新時代の幕開けか。おっ。