読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お遍路ハウス ニート管理人の日々 (HENRO HOUSE SHIKOKU88)

四国の空き家や使ってない部屋を活用し、ニートやひきこもりが管理人を務め、近年増加する若者や外国人のお遍路さんに向け、一泊2800円の格安素泊り宿を整備する認定NPO法人ニュースタートのプロジェクト「お遍路ハウス四国88」の製作過程を書いています。                               第一号 松山ハウス(松山市桑原4丁目15-21)含め6軒が2016年4月よりオープン。ご予約は、お遍路ハウスHP(https://henrohouse.jp/)より、会員登録(無料)の上、お願いします

自然は真空を嫌う

管理人の考え

古代哲学者 アリストテレスの言葉で

 

自然は真空を嫌う

 

が最近ヒットしたので備忘録がてらメモ。

 

これは、何も物質的な断捨離だけではなく

自分の思考や人間関係等、何かしら執着したり

固定されてしまっているものを手放しスペースを作ることで

新たなものが手に入るという事。

 

 

まぁその為には、まず自分が何に捉われて苦しんでいるのかとか

上手くいかないのかに気付く必要があるわけですが。

 

分かりにくいですかね?

 

例えば、子供を授かるために体外受精やらなんやら

思いつく限りのことをしたけど、全く授かれない夫婦がいるとして

 

その二人が「あーもういいや、二人で生きていくのもありだよね」

と、諦めて違う生き方をしようとした矢先に自然妊娠するみたいな感じ。

 

何で、この例えになったのかは自分でも不明。

 

でも、この例でもわかる通り、諦められるくらいやるべきことはやる

苦しむべき時はしっかりと苦しむということも大事なんでしょうな。

 

 

僕なんかは真空だらけなのでそろそろ新たなものが入ってきても良いんですけどね?

アリストテレスさん。