読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お遍路ハウス ニート管理人の日々 (HENRO HOUSE SHIKOKU88)

四国の空き家や使ってない部屋を活用し、ニートやひきこもりが管理人を務め、近年増加する若者や外国人のお遍路さんに向け、一泊2800円の格安素泊り宿を整備する認定NPO法人ニュースタートのプロジェクト「お遍路ハウス四国88」の製作過程を書いています。                               第一号 松山ハウス(松山市桑原4丁目15-21)含め6軒が2016年4月よりオープン。ご予約は、お遍路ハウスHP(https://henrohouse.jp/)より、会員登録(無料)の上、お願いします

想像力とは

管理人の考え

想像力とは、思いやりであり、愛である。

 

多分、瀬戸内寂聴の言葉だったかな。

 

最近、本当にそうだなと思う。

気が利く人というのも、すなわち愛のある人とも言える。

 

千原ジュニア氏も何かのインタビューで一緒に働きたい人は

「想像力のある人」だと答えていた。

 

単独ライブ中の衣装チェンジでかつらをかぶる時に

かつらだけ持ってくるスタッフはクソだと。

 

少なくとも、姿をチェックする用の鏡と

被る前に汗を拭くタオルは持って来れる奴が良い。

 

というのも、凄く残っている。

 

自分もそれくらいは出来る人間でありたいとは思う。

 

2年前に、ありのままなんてフレーズも流行ったけど

文字通りそれを受け入れてるバカには死んでもなっちゃだめだ。