読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お遍路ハウス ニート管理人の日々 (HENRO HOUSE SHIKOKU88)

四国の空き家や使ってない部屋を活用し、ニートやひきこもりが管理人を務め、近年増加する若者や外国人のお遍路さんに向け、一泊2800円の格安素泊り宿を整備する認定NPO法人ニュースタートのプロジェクト「お遍路ハウス四国88」の製作過程を書いています。                               第一号 松山ハウス(松山市桑原4丁目15-21)含め6軒が2016年4月よりオープン。ご予約は、お遍路ハウスHP(https://henrohouse.jp/)より、会員登録(無料)の上、お願いします

お遍路ハウスの現実

面白い人々 管理人の考え

今日は、松山では間違いなく、そして四国内でも一番デカい不動産会社の

社長さんから直々にお遍路ハウスについて聞きたいとメッセージを頂き

お話をする機会に恵まれた。

 

まず、こちらとしては、そのフットワークの軽さに驚かされた。

 

そして、肝心の話し合い。

これまでOPENしてから3ヵ月の様子、これからの流れ等を報告。

 

さすがは、日々何十億規模の金を動かし、様々なビジネスを同時並行で行い

新人研修までご自身でやられている方だけあって、非常に会話のテンポが速い。

 

「50か所作れば、一通り周れるなら、全て簡易宿所基準に基づくものを作り、それぞれのハウスがお遍路ハウス以外にも、じゃらん楽天トリップアドバイザー、エアビーにも堂々と登録して稼働率を上げれるようにした方がいいのでは?」

 

来年から、法が改正されて届け出だけでよくなるとしても

営業日数やら、本当にちゃんと施行されるかまだまだ不確定要素も多いからと。

 

まぁ、確かにそれが出来れば理想だけど資金的にかなり厳しいものがある。

 

また、お遍路さんが増えているといっても実際には10年前、20年前に

比べると半減している訳で、今現在では投資したとて、回収できる見込みも薄い。

 

当の社長さんは、1年目は赤字としても、2年でトントン、3年でプラスに

なる絵が描ければ、一枚噛んで、出資してもいいかと考えていたそうですが

これは、今のペースだと10年スパンで、四国遍路が世界遺産に登録されたとして

ようやくどうにかなるかどうかだと感じられたそうです。

 

 

帰り際に一言

「綺麗事だけで、人は動かないよ」

と言われ、返す言葉が見つかりませんでした。