読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お遍路ハウス ニート管理人の日々 (HENRO HOUSE SHIKOKU88)

四国の空き家や使ってない部屋を活用し、ニートやひきこもりが管理人を務め、近年増加する若者や外国人のお遍路さんに向け、一泊2800円の格安素泊り宿を整備する認定NPO法人ニュースタートのプロジェクト「お遍路ハウス四国88」の製作過程を書いています。                               第一号 松山ハウス(松山市桑原4丁目15-21)含め6軒が2016年4月よりオープン。ご予約は、お遍路ハウスHP(https://henrohouse.jp/)より、会員登録(無料)の上、お願いします

ニートの必要性と可能性

準備の日々 管理人の考え

昨日は岩松にある老舗旅館 大畑に宿泊。

f:id:aki1990m:20160306200427j:plain

 

 

窓からの景色気持ちいいです。

f:id:aki1990m:20160306200545j:plain

 

今回、この宿に伺った理由は、

 

ご主人が、自身の高齢化&跡取が居ないので

もう1、2年の間にこの宿をたたみ

売りに出したいと言っているという情報を耳にし、何かしら

お遍路ハウスとコラボ出来ないかをご相談させてもらうため。

f:id:aki1990m:20160306200645j:plain

新たな試みに慎重になっているご主人に対し

まずは4部屋あるうちの1部屋を3ヵ月でもいいので

お遍路ハウスに登録して貰えないかとお話させて頂きました。

 

88か所巡りは、国から

外国人旅行者向け、広域観光周遊ルートの7つのうちの1つに認定され

これから、四国4県連携の下、世界遺産登録を目指していて

ますますPR活動も盛んになるというのに

このように現状は、過疎化と高齢化のため、宿がどんどんなくなっているのです。

 

まだまだ、課題は山積みですが、ここに今回の企画の

意義があるなと、改めて実際目の当たりにすることで強く感じました。

 

 

都会でくすぶっているニートの皆さん

こちらでは、若いというだけでまじで大きな武器なんです。

何も出来なくても全く問題なし。

 

少なくとも、高齢者よりは力あるし荷物も運べるだろうから。

 

「俺、案外行けるかも」って自信になると思いますよ。

 

どうせ、我々は失う物なんて何もないんだから、暇だし

管理人でもやりませんか?

 

お金も、住む場所はあるし、準備に必要な経費は出るし

食費くらいしか掛からないので。

 

どっちみち実家にひきこもっていても、食費は掛かってる訳ですから

その分くらいは親に負担してもらえば、実質タダで一人暮らし出来ますよ。

 

その方が親御さんも、家でウジウジされるよりは精神的に楽だろうし 

この企画面白そうじゃんって応援してくれるかもしれません。

 

 

実際、僕がそうですからハイ。

 

このプロジェクトの話したら

「88か所巡りは、長年の夢だった」らしく

それなりにまとまった金額も渡され、また必要になったら連絡しろとも言われました。

 

お遍路には、それくらい不思議な力があります。

 

 

しかも、管理人は雇用でもなんでもないので

嫌なら、すぐ帰れば良いし。

 

 

 

仮に万が万が一、やる気になれば 

仕事だって、幾らでも想像もつかない求人がありそうなので。

 

僕も夏は寺小屋で小学生と野外キャンプするバイトやるかも知れないし

今日だって、住職さんに後継者を探してると、話持ち掛けられましたしね。

 

おしごとフェアでも、色々ありましたよ。

f:id:aki1990m:20160305154018j:plain