お遍路ハウス ニート管理人の日々 (HENRO HOUSE SHIKOKU88)

四国の空き家や使ってない部屋を活用し、ニートやひきこもりが管理人を務め、近年増加する若者や外国人のお遍路さんに向け、一泊2800円の格安素泊り宿を整備する認定NPO法人ニュースタートのプロジェクト「お遍路ハウス四国88」の製作過程を書いています。                               第一号 松山ハウス(松山市桑原4丁目15-21)含め6軒が2016年4月よりオープン。ご予約は、お遍路ハウスHP(https://henrohouse.jp/)より、会員登録(無料)の上、お願いします

管理人の考え

参考にすべき人

ダメ人間(社会不適合者)と言いましても 色んなタイプがいるわけでして。 昨日、本を紹介したキングコングの西野氏などは 変な事、面白い事したがりの分かりやすくクラスの中心にいて 文化祭などの準備が大好きタイプ。 彼はこれから益々活躍すると思います…

魔法のコンパス

自分の知り合い界隈で、絶賛の声が多く、たちまち緊急重版された こちらの本を読んでみた。ざっと1時間半とかからずに。 正直、自分も世間の大半と違わず、彼のことをあまり好きではなかった。 理由として浮かぶのは、テレビ画面から伝わる彼の印象は theク…

巻き込まれ事故

世間では本日は華金という事らしく 留学生達に道後にあるサーカスバーなるところに連れていかれました。 気味の悪い操り人形が置いてありまして さらに言うと、店長がそれ以上に怪しげな雰囲気を醸し出しています(失礼)。 そこに、ゲストハウス泉に宿泊中…

逆転の発想

さすがは、センスの塊 ヒロシ先輩。こんな本も出されていたとは。 日めくりカレンダーといい、しぶとく生き残るこの逆転の発想、素晴らしい。 帯に「仕事が増えません」とあるが、実際は、この本の執筆という仕事が 来ている訳で、こういう強かさも見習うべ…

徳島阿南市での取組み  

7月、説明会に行った阿南市でお遍路民泊と避難所を掛け合わせた シームレス民泊なる試みが動き始めているらしい。 www.topics.or.jp 通常時は、お遍路宿の少ない21番と22番札所の間に宿として構え 非常時には、地震等の被災者の避難所にするとのこと。 …

秋の初めに夏対策(遅っ)

そろそろ秋の匂いがしてきた。 昨晩は、久方ぶりの雨。実は松山、8月は今までトータル30分も雨が降らなくて 雨嫌いの自分でさえ、日照りした川を見て、大丈夫なのか?と思っていたくらいだ。 で、今朝はもうすでに止んでいて歩く彼らにとっても 丁度、い…

人付き合いスタンス2

良いことを思いついた。 人間関係をA,B,Cにランク付けすればいい。 項目は自分にとって重要なものを選択する。 例えば、俺なら友人であれば 気配り、居心地、刺激 の三項目で各10点満点。 25点以上はAで、15点以上はB。 Aの人は、こちらからも積極的に…

人付き合いのスタンスを

こっちに来てから、多少なりとも人と会う機会が増えてより感じた事。 自分にとって必要ねーなと思う人とはマジで話す必要もない。 勿論、よっぽどやべー奴以外は スポットだけじゃなくてある程度のスパンで見ることも必要だが 大体分かるもんね、そんなもん…

本能に逆らう

尊敬する人が言っていた。 人間関係で苦しむのは 自分がこれだけしたから相手はこれくらいはしてくれるだろうとか もっと、俺の意図を理解してくれだとか、なんでこいつはここに気付かないんだとか そういうのが原因だと。 何の研究だったか忘れたが人間は …

内向的な人の特徴

こういう類の記事はあんま好きじゃないけど 今回の8つは、もれなく全てドンピシャで当てはまったのでシェアしておこう。 tabi-labo.com まぁ、僕の場合は外向的にも見えないし、実はというか 普通に内向的ですけど。

Uberも

Uberという、一般人が自分の車を使って タクシーの役割を担うシステムも広まってきている。 現に中国ではもうすでに3兆円?だったか、そういうレベルの規模。 まぁ言うなれば、プチAirbnbといったところか。 しかし、これも日本においてはタクシー業界が中…

諸行無常

特段、お遍路ハウス関連で書くこともないから また芸能ネタでも書いておくか。 2日前、SMAP解散騒動についても偉そうに書いたけど 事務所のゴタゴタでこうなった感が強いから後味悪いだけで 冷静に考えると、彼らの引き際としては結構いいタイミングだよね…

アメリカについて

1つ前に記事にも被るけど、やっぱアメリカはアーティスト達の 主義主張、権利がもっと認められていて、そこらへんは進んでるよな~と。 なんか、アメリカかぶれの日本人とか 金やら力で何でも丸め込むジャイアン的な在り方は大嫌いだけど 彼らの自由や理想…

時代の転換点

もう朝にはこのニュースで持ち切りでしょう。 というかネット上ではすでにですけど。 SMAP解散。 まぁ1月のあの会見はその場しのぎ的なものでしかなかったですし こうなるのは、割と誰でも予測できることだったかなと。 しかし、やはり冷静になるとあのSMAP…

古民家改修策

実は、今日伺わせて頂いた空き家の近くに 以前、紹介した西予市の古民家主である門多さんのご子息が 開業されているかどた歯科がある。 aki1990m.hatenablog.com 上の記事を見てもらえればわかる通り、そのままにしておくのは あまりに勿体ない立派な造りの…

候補地見学

今日は、美紀子さんとロザンナ氏とで 48番西林寺近くの空き家を見に行かせてもらった。 外観は悪くない。 が、しかし 修繕費がそれなりにかかりそうであることと 貸し出せる期間は3,4年であるという点から登録は難しいという結論に至る。 その後は、カ…

エアビー活用法

やはり、松山ハウスだけでも一度エアビーに登録したらいいのではないか? 最近思い始めていること。 確かに、安易に商業的に流行っているものに飛びつくのは お遍路ハウスのコンセプトにも反する。 また、普通に空き家があるからそこをホテルより安く提供し…

松山ハウス移転?

今朝は、ロザンナ氏と平和通り沿いにある、といっても分からないか 愛媛大学や松山大学のすぐ近くにある 一応遍路道沿い(51~52の間)の空き家を見に行った。 ただいま、絶賛リフォーム中だ。 床はすべて畳を敷くとのこと。 つくりとしては3DKにも出来…

一番厄介なのは

最近の気付き。 一番厄介なのは 性格の良いバカだという事。 ビジネスライクに断ち切れる人は良いけど ちょっと情に弱いと、「悪い奴じゃないから・・」というのに どうしても引っ張られてしまう。 じゃあ、お前はどうなんだ? と聞かれれば、バカだしクズだ…

男性ホルモンのせい?

どうも、イラつく要因は男性ホルモンのせいかも知れない。 いつかの番組でそんな事をやっていたのを思い出した。 だから、よくオジサンになって人生経験も重ねて丸くなり 穏やかになるなんて話も聞くけど、これは単に年を取り男性ホルモンが低下して 怒るだ…

イライラしない

想像力の重要性を感じているという話を前の記事で書いたけど 実はこれ、周りの人間(特に留学生関連)に対して「なんて想像力がないんだ」と かなりイラついていたからである。 元々、癇癪持ちの人間であるけど、ここ最近は特にひどく 口癖が「腹立つわ~」「…

想像力とは

想像力とは、思いやりであり、愛である。 多分、瀬戸内寂聴の言葉だったかな。 最近、本当にそうだなと思う。 気が利く人というのも、すなわち愛のある人とも言える。 千原ジュニア氏も何かのインタビューで一緒に働きたい人は 「想像力のある人」だと答えて…

本当に賢い人

超短く、簡潔にメモ。 本当に賢い人は、バカな振りをする。というか振りが出来る。 賢そうに話す人は、大したことない。 そして、俺は当然後者ナウ。

お遍路ハウス管理人について

これ、薄々気づいてたんだけど いきなりニートの人を何も知らない四国に連れて来て 「ハイ、管理人やってください」というのはかなり無理あるね。 前に、ニートは環境変えた方が良いから 家でウダウダしてるくらいならコッチに来た方が良いと言ったけど、そ…

シェア×ミクスチャーの時代

昨日のカンブリア宮殿熱かった。 どの地域でもこういう施設は今後必要になって来ると思う。 www.tv-tokyo.co.jp というか、日本そのものが外国人やら 年寄り、若者、障碍者、ニート、LGBTとごちゃ混ぜになってきてるもんね。 もはや、年寄りは年寄りでとかっ…

エアビーの行く末

昨日の記事に関連して思う事をまた書いておこう。 aki1990m.hatenablog.com 今やすっかり流行っているAirbnbだが、ハッキリ言ってこれも もってオリンピックまでという気がする。 何故なら、もうすでにヨーロッパなどではこのシステムの ダークサイドも見え…

心の算盤勘定の真意

今回の香川での散策と説明会でようやく腑に落ちた部分がある。 お遍路ハウスに関わって早5か月が過ぎようとした今になってだ。 それは、何かというと、二神が良く口にする 「心のそろばん勘定」という奴について。 今までは頭で分かったような分からないよ…

高松散策

まずは、ゲストハウスから最寄り駅。 都心とほぼ遜色ない。 駅も普通だ。久米駅みたいに改札1つとかではない。 商店街だって、徳島と比べたら賑わっている。 家賃は、松山の方が安そうだな。だけど3LDKで6万円台とかもあったから 東京と比べたらベラぼう…

徳島散策

説明会終わり、駅近くの繁華街にある、すき焼き屋に連れて行ってもらった。 地元の阿南牛を使っているらしい。今やどこもかしこも地元ブランドがある。 平成28年のこのご時世に、まだこの手の固定電話が使われている事に驚いた。 どうみても、昭和40年ス…

お遍路ハウスの現実

今日は、松山では間違いなく、そして四国内でも一番デカい不動産会社の 社長さんから直々にお遍路ハウスについて聞きたいとメッセージを頂き お話をする機会に恵まれた。 まず、こちらとしては、そのフットワークの軽さに驚かされた。 そして、肝心の話し合…